• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

イントラ角膜リングの費用

イントラ角膜リングは、「視力回復手術」と言うよりは、「角膜円錐の治療」と言ったほうが正しいので、イントラ角膜リングの費用は「眼病の治療費」として見たほうがいいでしょう。
視力を回復するために角膜に入れる半円形のレンズ代金が25万円というデータもある、イントラ角膜リングの費用相場は約50万円。特別割引価格で50万円、という額面を打ち出しているクリニックが多く、最大で80万円程度の費用がかかります。
イントラ角膜リングあるいは、フェイキックIOLという施術方法で表示されており、連氏がある場合には2万円ほど追加料金がかかります。

イントラ角膜リングは費用も高めですが、「回復手術」と言うよりも「治療」なのだと感じるのは、他のレーシックやPRKと術後検診の回数を比較したときです。
手術翌日・ 3日後・1週間後・ 2週間後・1ヶ月後・ 2ヶ月後・3ヶ月後・ 6ヶ月後・1年後と段階を踏んで、角膜内に挿入したレンズの状態を調べるので、検診費用も別途でかかります。
そう、角膜レンズが25万円というデータがあるということは、「50万円」は「レンズ代+手術代」である可能性が大。
費用の面から見ても、またレンズが合わない危険性があるという点でも、イントラ角膜レンズあるいはフェイキックIOLは、他の視力回復手術とは別に考えたほうがいいようです。
イントラ角膜レンズは角膜が薄い人のための施術であるという紹介もされますが、現在はエピレーシックなど、角膜が薄くてもできる視力回復手術は他にかなり出てきています。

【CHECK!!】>> イントラ角膜リングに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

手術費用について

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引