• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

レーシックの手術に使用するレーザー器具について

レーシックの手術は「レーザーを使う」とだけはよく言われますが、クリニックによって多少施術に使う器具は違います。 レーシックは、一度角膜を薄くスライスしてフラップと呼ばれる蓋を作り、そのフラップをめくって更に内部にある角膜実質層にレーザーを照射して角膜を削り取る手術です。
視力を回復させるために角膜を削り取るのに使うレーザー器具は駅しまレーザーですが、角膜に到達するためにフラップを作る作業のときは、マイクロケラトームという、鉋(カンナ)のような機械を用いるクリニックもあります。品川近視クリニックが、2008年時点で、フラップを作るのにイントラレーザーを使っているというので話題になっていますから、レーザーを使わず手作業でフラップを作っているクリニックは、今現在も相当数あると思われます。

レーシックの手術の影響で起こる、ひどいハロ(光がぼやけ広がって見える)や、グレア(光の線がぎざぎざになって見える)などの減少は、フラップのずれやゆがみなどで起こると言われていることから、正確性を考えて、イントラレーザーでフラップを作るイントラレーシックを選ぶ人が多いようです。
また、エピケラトームと呼ばれる器機を使用する、エピレーシックの場合、手術によってできたフラップが時間の経過とともに剥がれ落ちて新しい被膜に生まれ変わるので、眼に強い衝撃を受けてもフラップがずれて視界が崩れてしまうことがありません。激しい運動をするスポーツ選手には、このレーザー器具を使った治療で視力回復を試みる人も多いようです。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

レーシックとは何か

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引