• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

アイレーシック

「現在の視力回復施術の最先端」と謳われている施術方法がアイレーシック。
従来の視力回復技術を融合させ、角膜検査からフラップ作成、角膜を削り取る施術までをコンピューター制御で行っています。

アイレーシックの事前検査は、カスタムビューレーシックに用いられる WaveScanという機械で行われます。
レーザーを眼に照射し、はね返ってきた光の歪みをセンサーで計測することで、近視・乱視・遠視などの屈折状態はもちろん、生まれ持った眼球のピントのずれまで精密に計測して、その人の目の正確なデータを割り出します。

レーシックの施術の要と言われるフラップ作成は、イントラレーシックに使用するIntralase FS60というレーザー機器が一番いいようです。
レーシックの述語の不備は、フラップのずれによるものが多いのですが、Intralase FS60はフラップが非常にずれにくい上に、通常よりもフラップを薄く作成することができるので、角膜が薄く通常なら視力回復手術を受けるのが困難な人にも施術をすることが可能です。
さらに、フラップを開けてVISX STAR S4 IR でレーザーを照射し、非常に精密な制御で角膜を微妙に削り取る(「蒸散」という表現がありました)と完璧……と、理論的には何の問題もないように見えるアイレーシックですが、まだまだフラップ作成などは施術を行う人間の手腕による所が大きいのも現状。
一方で、完全な機械任せでなくある程度は手動で調節する機能にしているので、機械のトラブルが最小限に抑えられているという側面もあります。

【CHECK!!】>> アイレーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

手術方法

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引