• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

手術前の流れ

レーシックの手術は、手術のための事前検査の予約をするところから始まります。
レーシックの検査や手術の前には、ソフトレンズ1週間・ハードレンズや連続装用コンタクトレンズの場合は3週間の、「コンタクトレンズ着用禁止期間」が設けられます。
レーシックで手術することになる、目の角膜は、コンタクトレンズを装用すると一時的に状態が変化してしまうので、とにかく精密さが求められる視力回腹手術のときには、コンタクトレンズを着用していない状態で手術を受けなくてはいけません。
神奈川クリニック眼科は、事前検査の1日か2日前からコンタクトレンズをしていない状態ででも検査を受け付けてくれるそうですが、施術前には規定通りの期間、コンタクトレンズなしで生活しなくてはいけません。

裸眼の状態での事前検査で、レーシックができるだけの厚さが角膜にあるかどうかがわかります。 角膜が薄かったり、持病があると視力開腹手術は受けられないというのが一般的でしたが、最近は薄い角膜にも対応できる施術方法も出てきています。担当医と相談してみましょう。
検査後、雑菌を除去するために眼に抗菌用の目薬を点眼し、次の日に施術を行います。「手軽に受けられる」と聞いていると若干面倒に感じますが、眼の衛生管理は非常に重要です。
なお、ソフトレンズ「ソフィーナDX」を使用している場合は施術の3週間前から、特殊なコンタクトレンズ「オルソケラトロジー」を使用している場合は3ヶ月前から使用を中止する必要があります。

レーシック手術の手順

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ