• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

適応検査について

レーシックなど視力開腹手術を受ける前には、一度、事前検査のために来院する必要があります。
最近(2009年現在)レーシックの治療後の患者が感染症にかかった事件が取りざたされましたが、問題の銀座眼科では、患者の角膜の厚さをはかる検査を行っていなかったという報道がありました。
銀座眼科の院長の誠意ある対応は非常に高く評価されていますが、もしも適応検査を本当にやっていなかったとしたら大変なことで、ことによったら感染症よりも深刻な被害を生じた可能性があります。

角膜の適応検査は、レーザーで薄く削っても角膜が安全に使えるかどうかを調べるために行うものです。
特に初期の視力開腹手術は、角膜をスライスしてフラップというふたを作る作業を、カンナのような機械で医師の手作業で行っていましたので、安全のために適応検査をしたのは当然のことだったでしょう。
また、角膜が薄すぎる人のほか、円錐角膜の症状があるかどうかを適応検査で調べることができます。
円錐角膜というのは角膜に起こる疾患のひとつで、罹患すると角膜が薄くなって中心部が突出し、ものが変形して見えたり二重に見えたりするようになります。
失明にいたることはなく、適切な補正レンズを使用することで日常生活は問題なく送れますが、通常の患者と同じように角膜を削る手術をすることはできません。
円錐角膜の目に角膜レンズを挿入して視力を回復する方法、また、角膜の薄い人に向いている施術方法なども現在は開発されています。自分に合った施術を発見するための適応検査だと思ってください。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

手術の流れ

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引