• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

手術当日の流れ

視力回復手術は、非常に短時間で施術が行われるのが特徴です。
10分程度で済む上に日帰りということもあり、こんなに多くの人が手術に臨んでいるのでしょうか。

施術は、角膜または角膜上皮を薄く切開してフラップと言われるふたを作成し、それを開けて中の角膜をレーザー照射で少し削り、フラップを閉じて洗浄するだけで、施術方法によってはすべてをコンピューター制御で行います。
部分麻酔をしてもらって受けるので、痛みはないものの施術の様子が患者にもわかります。

視力回復手術の体験談がどれも臨場感にあふれているのはそのせいでしょうか。
角膜を削って屈折率を変える施術はどの医院でもレーザーで行われるのですが、「削る」というより「蒸散させる」という言葉が使われることが多いので、本当に細やかで微妙な作業のようです。
ただ、ジジジジジジジジ、という音と焦げ臭いにおいははっきりとわかる、のは未経験者にとってはとても怖い情報。また「知人がレーシックを受けているのを横で見ていた」人などは、一様に視力回復手術を怖がります。
幸い目の治療なので、自分では手術の光景が何も見えない、というのが救いでしょうか。

ポピュラーな施術方法であるイントラレーシックは、術後の痛みがないことでも有名です。
施術した直後はフラップがずれる可能性もあるので、大抵の場合は休憩室で休んでから帰宅します。
手術直後の視界は薄くもやのかかったような見え方で、視力は回復しているもののまだ状態が不安定なので、人によっては付き添いを誰かにお願いすることもあります。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

手術の流れ

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引