• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

レーシックの合併症の用語

結膜下出血

白眼が出血して真っ赤に染まる(本当に「赤い目」になる)現象です。
図解で説明されると非常に怖いのですが、実はレーシック手術のとき、特にイントラレーシックではなく旧式のマイケロトラームという機械で施術を行ったときによく結膜下出血は起こり、そしてすぐに治ります。
イントラレーシックが主流になっている今ではほとんど見ない症状であり、また、レーシックで起こる合併症の中でも非常に軽いもの(ひょっとしたらドライアイより軽いもの)です。

ドライアイ

疾患として認識されていることが少ないドライアイですが、眼球は本来、常に涙を分泌して自浄作用を起こしているので、涙が出ずに乾き、眼球に傷がつきやすくなっている状態は、思っているよりも危険で、積極的に目薬をさして、目を守る必要があります。

層間角膜炎(そうかんかくまくえん)

レーシックの手術後、1日から1週間後までに発症する、フラップの下の炎症です。
これを抑えるために1時間ごとに目薬を点眼します。大方は軽度の炎症なので、点眼や、内服薬などの治療をすることで治りますが、悪化した場合にはフラップを一度はがして洗浄し、再度くっつけて、癒着するまで待ちます。

ウォッシュボードエフェクト

フラップの表面が波打ってしまって視界に影響を及ぼしている状態をさします。いわゆる「フラップにしわができた状態」で、これもイントラレーシックによって相当少なくなりました。一度フラップをはがし、再度平らに置きなおす措置が必要です。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

用語集

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引